2007年09月06日

英語を話す時の考え方

よく英語で話す時は、日本語で考えているのか、或いは英語ですか?と言う質問をされますが、皆さんはどうですか?

私の場合、やはり日本語での思考回路が出来上がった後に頑張って習得した英語は、やはりその基本的な回路は日本語を中心にしていると思います。

ただし、外から見ていると、どう見ても英語で考えているとしか思えないスピードである事を指摘され、思ったことがあります。

それは、対象となる言葉を連想するスピードの速さだけではないか?と。

つまり、リンゴと言ってすぐAppleを連想する事にかかる時間は余りにも短い。それこそ一瞬です。新しく学ぶ表現だって、基本的にこれと変わりありません。


皆さんもそうですが、最初に英単語覚えますよね?


で、英単語→熟語→短文 そして補足で文法などを学ぶ。この一連の作業が結構大変だったりしますが、僕はその流れを会話にするなら逆にします。

最初に生きた短文を頭と体にインプットする。


そこで、覚えた短文を使う機会を作って体にも経験させて、それから単語や熟語の使い方を見る。


こんな些細な事が、実は流暢に話すコツだったりします。


大学時代、よく武道をやていましたが、武道の動きだって、結局は素早い動きを出す為に、一番必要な訓練が、ゆっくりとした動作での姿勢と呼吸だったりします。

全ては通じているんですね。早く行うためには、その対極のゆっくりとした流れを掴まないといけない。


これって生きるうえでも大切な考えです。
posted by waverly at 13:36| Comment(15) | TrackBack(0) | 話すときの考えか方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

英会話上達に欠かせない学習場所

英会話を学ぶに当たって、これまで繰り返しお伝えしてきたことは、如何にして興味を持続させるかと言う課題でしたね。

前回、教会を使った話を書きましたが、全身を使って恥をかいて刺激を受けるという点でも、とても効果的なやり方だと思いますが、全ての人が同じことは出来ませんね。抵抗感もあるだろうし。。。

でも、私が思うに、英会話とはやっぱりどれだけ聞いても、どれだけ書いても、自分のキャパに応じた会話しか出来ないんです。


つまり、覚えている事以外は話すことが出来ないんですね


覚えているから相手の言葉を素早くキャッチする。似ている表現を覚えているから応用できる。この繰り返しです。

そういう意味で、まずは、簡単な表現が書かれたテキストを用意して、これはいつか使えるなって表現を、ひたすらインプットしていく作業は毎日の習慣にしなければなりません。


で、その地道な作業をいかに効率化させるか考えるんですね。やっぱり一人で続けるのは大変な作業ですから。


今は何かと便利なツールが増えています。任天堂でも英語ソフトは沢山あり、誰でも気軽に購入できます。


しかし、敢えて機械には頼りません。これには理由があって、本来人間同士の会話に対して、受身の機械学習が思っているほど効果を出さないからです。


これから色々紹介していく中で、私が今でも絶対お勧めするのは、



ペンパルを使って自分で文章を書き、相手の文章から会話表現を盗んでいく学習法。


これはどんな語学であっても私は必ずやって効果を実感しています。

私はアメリカに住んでいた頃、やはり毎日緊張しながら大学の少人数だった授業でやっていた事は、とにかく相手の言葉、表現を自分の中に取り入れる事。

英会話学習の初期でも同じです。とにかくマネしてマネして自分のものにする作業。そこに自分に向き合ってくれる存在を絡める環境。これが物凄く助けになるのです。


試しに、Yahoo検索でもいいですが、ペンパル 無料 とか入力して検索してみて下さい。


沢山出てくるでしょ?


私の場合は、本当に手紙のやり取りをして学習していました。今から考えると、あのベタな方法の中に、本当に色々なヒントや学びがありました。

封筒の個性。自筆の暖かさや紙の違い。インターネットでは得られない人間味がそこにはあります。


人間は本来アナログ的な生き物です。だから効率よく学習するには、一見時代遅れな方法を敢えて取り入れてみる事が、実は物凄く効果を高めたりするんですね。


是非、ベタな学習を取り入れてください。本当に手紙でやり取りする学習の高揚感は、やってみないと実感できません。


今また新たに外国語を学ぶなら、私は同じことをするでしょうね。


2007年07月18日

何が一番いい学習方法?

学ぶ対象が英会話であった場合、人との交流から会話をスキルアップさせるのがいいことは誰でも分かっています。

では、あなたの周りに外国人はどれほどいますか?またいたとしても、その人は信用できる人??

あなたが女性であれば、色々な外国人に会うのはちょっと怖いかもしれませんね。

前回の質問で、お返事をくれた人の中で多かったのが、やっぱり効果的な学習法でした。私もこれにはずいぶん頭を抱えましたが、最近やるべき事はこれくらいでいいんじゃないのかな?って事が分かりました。

私は今は同時通訳とか普通にこなせますが、まず大事なのは、自分をどのレベルに持っていくのかを決める事ですね。

日常会話を普通にしたい。程度であれば、私は半年〜1年でも大丈夫と思っています。レベルの低かった私ができたんですから。


次に、動機を支える対象は何から来ていて、どうやってそれを持続させるのか考えると、気になる相手と意思疎通がしたいって言うような単純な動機が、結構効果を出したりします。


これには自分がアクションを興す必要があります。選択としては、

@語学学校に通う

Aサークルに入る

B施設を利用する


など、色々考えれますが、場所は問題ではありません。とにかく行けば顔を合わせられる相手がいて、どうしても会話したい感情が出てくればとてもいいですね。

あなたの学習場所の基本はどこですか?


私は昔、変わった場所を利用していました。



それは教会です。なにせお金が無かった時に会話学校など行けません。ならば無料で学ぶにはと思って、外国人がいる教会を探したんですね。

で、教科書は聖書。家は曹洞宗。笑 私は無神論ときていましたから、聖書を使っての学習は嫌でしたね。


教会に通ったのはせいぜい3ヶ月程度です。でも、ここで貴重なものを得られたんです。


それは恥を一杯かいた経験です。


これを毎回の授業で味わい、でも話せないと言う行為を繰り返していくうちに、本当に話してやろうって気持ちが湧き出てきたんですね。

英会話を学ぶ過程での恥は、ダイヤモンドのように貴重です。

で、この恥をもっていよいよいい加減な学習ではいけないねと考えて、英会話を作っていくんですが、それは次にしましょう。


まずは無料で恥をかける場所を探して見て下さい。教会だって、まだまだ探せばみつかるはずですよ。
posted by waverly at 13:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 自己紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

ご無沙汰のお詫び

英会話の学習法を書き始めて、長いブランクがありました。その間に色々と考えていた事がありますので、今日はその事について書いてみたいと思います。

私が最初に語学に憧れを持ったのは、高校生の時です。たまたま兄が行ってきたオーストラリアのホームステイの写真を見て、その異国の世界に凄く挽きつけられたのが一番最初のきっかけです。

その時、とても強く憧れたのですが、私はまた日常の高校生活に戻り気がつけば憧れさへも思い出せないほど遠のいてしまいました。

毎日繰り返される学校での英語は苦痛でした。単語と熟語を丸暗記して、長文にあれやこれやと線を引いて読解する奇妙な授業の連続に嫌気がさし、英語が本当に嫌いになってしまいました。

英語上達仙人?これはおかしなニックネームです。あの頃の自分を知っている者がこれを読んだら、きっと大笑いするでしょうね。。。


最後にブログを更新してから、ずっと考えていた事があります。ただ、順を追って英語の学習法を語る以前に、私が何故今の状態まで英語を伸ばす事が出来たのか、その理由を述べずして学習法は語れないと思いました。

何でもそうですが、点として知っている知識も、線にしなければ意味を持たない事が多々あります。

英語だって同じです。うまく導いてやらないと、点だけで終わってしまう。でも、ちょっとした工夫と練習で、線は伸びるのも事実です。

このブログを今から読まれた方、或いは“こいつまだ更新してないね!”っと思って呆れて見に来て頂いた方にお願いがあるのです。

英会話を学習する段階で、今のあなた方が直面している問題は何ですか?

何に困っていますか?

そんな疑問や悩みをお聞かせいただきたいのです。何度か勝手に話してきた過去の記事は、また具体的な方法で再度編集します。

皆さんの現在の疑問、お聞かせいただけませんか?

Mixyをご利用の方はメッセージを送ってください。またそれ以外の方で、本気で英会話を伸ばしたい人で、学び方が分からない方、

loventsz@yahoo.co.jp までメール下さい。
posted by waverly at 18:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 余談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月28日

動機の維持方法

英語をこれまで学習されて、一番の壁は何でしたか?私の場合、それは如何にして興味を持続させるかと言う事でした。

今、普通に英語を話せるようになって、改めて考える時、やはり意図的にであっても英語を頻繁に使う環境を自分ででっち上げて来た事が大切だったと思うのです。

これまでに、ポケットノートや辞書、そしてDVDを使用しての学習で耳を慣らして下さいと言いましたね。皆さんどこまで学習されましたか?

おそらく、私の説明だけでは何だか突き放されたような気持ちになったのではないでしょうか?しかも、内容の更新が止まってしまっていればなおさらです。

憧れで学び始める人、必要に迫られてする人、目的は色々あっても、全ての人に求められる事は、

とにかく1日10分でもいいから、英語に接する習慣を持つ

と言う事なんです。これは大切な事ですから覚えておいて下さい。英語は終わりはありませんが、流暢と言われ、意志の疎通に問題がなく、お互い満足出来る会話を行うのには、実はそんなに時間はかからないのです。

学習の過程で、私はこんな体験をしました。

@最初はとにかくもがきながら必死で英語の上達法を探して進む

A練習しかないと言う周りのアドバイスに打ちのめされながら、とにかく毎日英語を効いて、会話の疑似体験をする。

Bその内、覚えた会話を使いたい衝動にかられる

C実際に使って、間違って恥をかきまくる

D恥ずかしい失敗体験が強烈な記憶として頭に残る

Eもう一度使う。そしてまた使う。

F少し長い文章で会話がしたくなる。で、DVDなどで人はどのようにして短い文章を繋いでいるか、その接続詞の使い方を考え始める。

と、こんなステップがありました。

私は関西の人間です。観光地である京都が比較的近くて、そこで練習をする為の舞台を自分で作りました。それは学習にお金を使いたくなかったからです。

私は今でも信じているのですが、よく言われるようなお金を払うと真剣に学習するので効果的、とか言う考えは賛同できません。欲しければタダで手に入るものが世の中には確かに存在するのも事実だからです。

本題に戻ります。学習動機を維持させる方法ですが、これはやはりネットとリアルの世界をうまく組み合わせると効果があると思います。

しかし、絶対にネット上だけの繋がりで学習を進めないで下さい。これは文章表現力の練習になっても、会話力の向上には中々繋がりません、ですからオンライン・オフラインの両方の舞台が必要となるのです。

その両方の使い方については、次の記事で詳しく説明します。
posted by waverly at 22:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 学習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月19日

辞書をどう使う?

前に話した和英辞書を用意して、見開きのポケットノートが手元にある。

ではこれから実践して行きましょう。


@身の回りの環境を出来るだけ英語に近くする

と言ってもいきなり海外のような環境を作れるわけではないので、これは意識レベルで考えて下さい。

ざっと見渡せば、あなたの部屋の中に英語で表現してわからない物が沢山ありませんか?家具や、雑貨など。そして、今考えたその表現、英語でうまく言えないなんて殆どでしょう?

これから英語のシナプスを増やして行きます。

出来る限り家庭的な物語でいいから、あなたが好きな洋画のDVDを一つ用意して下さい。あまり内容が複雑な政治ものとかSFはオススメしません。実用性が薄いからです。

私は、勉強している頃、よくNHKのテレビでやっていた大草原の小さな家を使って表現を吸収していましたが、時代が変わって今はDVDが普及しています。こいつを使わない手はありません。

安いものでもいいんです。ポイントは何度でも繰り返し見る事。

すべき事を簡単に書いておきます。

@一回目:全て字幕で内容を把握する

A二回目:再度日本語字幕で見ながら、その映画の状況を頭に刻み込む

B三回目:英語字幕にする。ざっと流す

C4回目:日本語字幕で見た時に使えると思った表現をポケットノート書き出す。

そしてその表現を何度も映画を思い出しながら繰り返し音読する。

一つの映画に4回も嫌だと思いましたか?これが現実です。そしてこれが近道なんです。英語は基本的に、日常会話なら400語程度の単語の組み合わせで会話が出来るようになります。そして、そこへ行くのに、毎月新しいテキストを購入する必要はありません。生きた、生の環境に近いところから、生きた表現を引っ張ってくる。これがまず最初の一歩です。
posted by waverly at 11:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 学習方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月16日

学習の環境

想像してみて下さい。

英語を聞くのは遠くから海を眺める事。でもそれは海がどんなものかを知る大切な行為です。

英語を学ぶというのは、その海に入って中にいる魚の種類を自分で確かめて、そして食べてみて自分の血や骨にすること。

自分を追い込む環境はとても大切ですが、その言葉の持つ意味が誤解されるかも知れません。本来スキューバーダイビングは楽しくて感動があるものです。

多くの人は、学習の環境の中で海だけを眺めます。つまり、メディアを使って英語を見たり聞いたりはするのですが、海にもぐって魚に実際に触れ、食べる等の行為はあまりしません。

海を眺めていると、眺めには詳しくなるでしょう。でも決して魚の味は体感できないでしょう。

語学って、今思うのですが、外の世界に飛び出して行くというイメージが強いですね。でも同時にその対極的な内に入り込む行為が両立しています。

何となくイメージできて来ませんか?自分が作るべき環境のこと
posted by waverly at 11:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 習得に必要なものとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

学習の手順

前回、辞書に関して書きましたが、今日はその使い方の説明です。

英語だけに限らず、外国語会話というものをある程度習得しようとするのであれば、その求める形は会話の柔軟性です。

ある特定のフレーズを頭に叩き込んだとします。で、そこでふと思うわけです。この覚えたフレーズを使う機会はいつ来るんだろう?と。

会話は本来人を介す能動的なものであって、決して受動的ではありません。つまりテキストやその他テレビなどの学習番組を見ても、常にこれから使うと言う状況を想定して頭に入れなければ、覚えたフレーズも死んでしまいます。

今は学習論のような事を述べていますが、この点は絶対に覚えておいて下さい。今後私が述べて行く学習法も、時には強引に、でも誰にでも出来る方法を伝授して行きますが、その方法の全ての根底にあるのはこの能動的会話訓練に他なりません。


辞書の使い方

辞書は、その時の自分の感情をすぐに言葉にする為に使います。これから、幾つかの英会話訓練方法を述べて行きますが、OutputはInput無しではあり得ない事をよく知っておいてください。

単語も、会話文もまず頭に覚えて、それを実際に使う。この繰り返しで頭の中に会話のネットワークを作って行くのです。

テキストでは、ある一定の物語があって、その中で言葉を学びます。では、自分の話したい言葉を学ぶのには、そのような内容の物語が出て来るまで待っていますか?それでは永遠に頭のネットワークは出来ません。ですから、大切な事は、

常にこちらが必要な状況を頭に想定しながら、必要となる会話のネットワークをこちらで作り、テキスト・辞書・その他媒体を補足的に使用する。これがポイントとなります。

辞書があり、パソコンやラジオ、そしてテレビなどの基本的な通信手段があって、これからそれら全てを総動員しながら会話を学びますが、もう一つ大切なものがあります。それは、

ジーンズのポケットに差し込めるような見開きのポケットノート

あなたが学ぶ会話のシュミレーションは、全てこのポケットノートを中心に作り上げて行きます。今後の学習の流れは下記のようになります。

●基本文法の習得
●短いフレーズをInputしながら会話のネットワークを使う
●お金をかけない学習法を実践する
●失敗を繰り返す
●身の周りの環境を利用して学習効果を上げる

さて、すべて行う事ですが、何か聞きたい事や質問がありましたら、記事にコメントを書いて下さい。

私は、楽して簡単に習得できるなどとは絶対にいいませんが、刺激を持って頭を揺さぶりながら継続して行ける、効果的な学習法なら伝えられるでしょう。


posted by waverly at 17:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 習得に必要なものとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

なぜ辞書なのか?

簡単にして効果があり、しかも余りお金が必要ないとなると、人は急激にその関心をなくして行くようです。

私がこれから述べて行く学習法にしても、聞けばとてもシンプルなものなので、他の方法論へと走ってしまう人がいるでしょう。

ただ、どれだけ多くの書籍や、ノウハウなどを貪ったとしても、絶対に皆が超えなければならない壁というものは等しく訪れますので、小手先の技術で何とかしようとお考えの方、一度根本的な基本を守って学習を再開して下さい。

なぜ辞書なのか?

私は英会話学校には殆ど行った事がないのですが、必ず指定テキストと言う物があって、それを中心に章を重ねて学ぶのが普通ですね。その構成は、

●対話文があって
●単語や熟語のの意味が書かれ
●構文の説明と練習問題がある


これら構成に文句はないのですが、これを習得するとなると基本的な心理的側面をいじくってやらなければリアルさが出てこないわけです。

つまり、能動的な会話学習としては、上記学習方法は補足的であると言う事です。

会話を学ぶ時、皆さんは必ず、あんなふうに話せたらいいなと思う瞬間があると思いますが、自分の求める属性に合った会話を学ばなければ、補足練習ではボタンの掛け違ったコートのように、概観は大きくずれてしまうのです。

和英辞典は、その時その時の感情を表現する道具として最高の学習ツールとなります。要は、これを基本にして自分の求める会話の分野を拡大して行く行動が会話の原点と言っても過言ではありません。テキストが補足といった理由はここにあります。

posted by waverly at 16:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 習得に必要なものとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。