2007年01月16日

学習の環境

想像してみて下さい。

英語を聞くのは遠くから海を眺める事。でもそれは海がどんなものかを知る大切な行為です。

英語を学ぶというのは、その海に入って中にいる魚の種類を自分で確かめて、そして食べてみて自分の血や骨にすること。

自分を追い込む環境はとても大切ですが、その言葉の持つ意味が誤解されるかも知れません。本来スキューバーダイビングは楽しくて感動があるものです。

多くの人は、学習の環境の中で海だけを眺めます。つまり、メディアを使って英語を見たり聞いたりはするのですが、海にもぐって魚に実際に触れ、食べる等の行為はあまりしません。

海を眺めていると、眺めには詳しくなるでしょう。でも決して魚の味は体感できないでしょう。

語学って、今思うのですが、外の世界に飛び出して行くというイメージが強いですね。でも同時にその対極的な内に入り込む行為が両立しています。

何となくイメージできて来ませんか?自分が作るべき環境のこと
posted by waverly at 11:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 習得に必要なものとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 環境を作ると言うことは生活・仕事など何事においても重要なことだと思います。
 
 今回、仙人さまに巡り合えた事で、ひたすら海を眺めているだけ… から、海の中に飛び込み試してみる… それが私にとって辞書の購入や手帳の準備。些細なことのInputなのかな?

あまり自身がないのですが、間違ってますか?
Posted by あねご(めそこ) at 2007年01月16日 22:02
内容通りに準備をされた事で次のステップが見えてきます。

今はまだ手元の道具の使い方が分からないかも知れませんが、最初の行動で大きく何かが変わっているんです。

お返事遅れてすいませんでした。
Posted by 英会話上達仙人 at 2007年02月28日 23:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

専門的な留学、アメリカ教育事情
Excerpt: アメリカ留学を希望している方で、語学留学ならいいのですが、 専門的な技術を修得するためにアメリカ留学をしようとしている 方は、注意が必要です。 アメリカでは、ゆっくりと学ぶスタイルをとっています。 ..
Weblog: アメリカ大学留学、専門留学・語学留学のまえに。
Tracked: 2007-01-19 14:56
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。